労働法における定休日と休暇

法定外休暇とは、労働法や他の法律の規定によって決められた休暇ではなく、会社の就業規則などで、その職場が独自に決めた休暇のことです。


労働法における定休日と休暇

労働法における法定休日その1
労働法における法定休日その2
労働法における法定休日その3
労働法と休暇その1
労働法と休暇その2


スポンサードリンク
 労働法における定休日と休暇
 

 労働法と休暇その1


みなさんの会社はどれくらいの休日がありますか?
会社勤務の方ですと、仕事がない日をすべて、「休日」と呼んでいるようですが、休日と言うものは、そもそも労働法において労働義務のない日のことです。
そして、「休暇」が、労働を免除される日のことであり、本来はこのように使い分けるべきでしょうが、一般的には休みの日は、すべて休日と呼んでいるようです。
さて、労働を免除される休暇とは、本来でしたら働く義務のある日です。
一言に休暇と言っても、その中でも種類があります。
労働法に定められている「法定休暇」と、就業規則など、職場で決められた「法定外休暇」があります。

労働基準法に定められている、法定休暇とは、年次有給休暇、それから、生理休暇があります。
産前産後の休業についても、労働基準法によって決められた法定休暇です。
育児休業、介護休業は、育児介護休業法で定められている法定休暇となります。
年次有給休暇とは、生理日で就業が著しく困難な女性に対して与えられる休暇です。
通称、生理休暇と呼ばれていますが、就業が著しく困難か、どうかは、個人差もありますし、デリケートな体の問題でもあることから、なかなか生理休暇はとりにくいことが現状です。
労働法にもある当然の権利でしたら、遠慮せずに使うべきでしょうが、日本人の女性は奥ゆかしい方が多いのでしょうね。
さて、産前産後の休業にういては、産前が6週間で、多胎妊娠の場合は14週間となっており、産後は8週間となっています。


 
 労働法における定休日と休暇
  労働法における法定休日その1

  労働法における法定休日その2

  労働法における法定休日その3

  労働法と休暇その1

  労働法と休暇その2
 

Copyright (C) 2012 労働法における定休日と休暇 All Rights Reserved.
 

 ベランダ菜園を始めよう  介護のポイント  痛風の予防と治療  訪問介護サービス  簡単にできる顔のたるみ解消  いい汗のかき方

 シミ消し方法  岩盤浴の効果  お試し移住  酒席のマナー  無痛分娩  栗原はるみ  逆さイボ  ロキシー  禁煙のすすめ