労働法における定休日と休暇

法定外休暇とは、労働法や他の法律の規定によって決められた休暇ではなく、会社の就業規則などで、その職場が独自に決めた休暇のことです。


労働法における定休日と休暇

労働法における法定休日その1
労働法における法定休日その2
労働法における法定休日その3
労働法と休暇その1
労働法と休暇その2


スポンサードリンク
 労働法における定休日と休暇
 

 労働法における法定休日その1


みなさんは、労働法に定められている、法定休日と法定外休日について、どれくらいの知識がありますか?
みなさんが、会社に就職する際に、重視していることのなかに、「休みがどれくらいあるか」ということも入っていると思います。
同じお給料であれば、休みの日が多い会社のほうが良いに決まっていますからね。
当然、有給休暇はどれくらいなのか、週休二日なのか、そうしたところはチェックすると思います。
ですが、労働法から言うと厳密には、法定休日はいつであって、法定外休日はどれくらいあるのか、こうした言い方になります。

休日とは、そもそも、労働義務のない日のことを言います。
簡単に言ってみれば、働かなくて良い日のことです。
そして、休暇と言う言葉がありますが、休暇は実を言うと、労働法において休日とは区別して考えられているものです。
休み、イコール、休暇、と言う考え方が一般的ではありますが、休暇とは、本来、仕事をしなければならない日であり、かつ、労働を免除された日のことです。
そして、休日には、二つのタイプがあるのです。
まずは、労働基準法などに定められている法定休日です。
それから、労働法などで定められているわけではなく、労働組合などで話し合いの上、決定している法定外休日があります。

法定休日は、労働基準法で定めてある休日のことです。
毎週、最低1日、または、4週間で4日以上、労働者に与えなければならないと決められている休日です。


 
 労働法における定休日と休暇
  労働法における法定休日その1

  労働法における法定休日その2

  労働法における法定休日その3

  労働法と休暇その1

  労働法と休暇その2
 

Copyright (C) 2012 労働法における定休日と休暇 All Rights Reserved.
 

 自宅開業  畳ベッド  眉毛の整え方  歯のインプラント治療  親知らず  歯列矯正  歯の無痛治療  オパールエッセンス

 落ちないマスカラ  豆乳ローション  加齢臭  東京ラブソープ  オードムーゲ  目の下のクマ  ソイエ  すね毛の脱毛