労働法における定休日と休暇



労働法における定休日と休暇

 

法定外休暇とは、労働法や他の法律の規定によって決められた休暇ではなく、会社の就業規則などで、その職場が独自に決めた休暇のことです。